黒楽茶碗 長次郎 禿 写し 昭楽窯 造

黒楽茶碗 「禿」 長次郎 3 利休所持にして山田宗偏に伝来、その後坂本本周斎の手を経て、後に表千家に復帰したと伝わっている。 不審菴第一の重宝として今日に伝わっている。 常に利休が手元に置き、最も愛用したことに因み「禿」...
Comments : 0