黒楽茶碗 長次郎 万代屋黒写し 昭楽窯 造

 

黒楽茶碗 「万代屋黒」 長次郎 2

内箱には、啐硺斎が

「利休所持長二郎 黒茶碗万代屋 宗安傳ル依而万代屋黒と云 左(花押)」

と書き付けている。

まさに「利休形」の典型といえる姿の茶碗で、利休が好んで使った茶碗の一つであろう。

小ぶりで、歪みや装飾を排した茶碗で、長次郎黒茶碗の初期の作と思われる。

銘の「万代屋黒」は、利休から利休の娘婿・万代屋宗安に伝来した事から付けられたのであろう。

Comments : 0
About the Author

Leave a Reply

*

captcha *