黒楽茶碗 長次郎 大黒写し 昭楽窯 造

 

黒楽茶碗「大黒」長次郎 重要文化財 1

 

大侘びで気品が高く、長次郎の作品の中で出色の茶碗で、典型的な「宗易形」の茶碗と言われている。

長次郎茶碗の中でも極めて伝来の明らかな茶碗で、利休が所持し、小庵、宗旦と伝え、さらに後藤小斎、

江岑宗左、三井浄貞と転伝して後、鴻池家に納まった。

 

高台脇から、緩やかな丸みを持たせて立ち上がり、口部は僅かに内に抱え込ませている。

全体にやや厚手に削られ、特に目立った箆跡も残さず手捏ね特有の柔らかさが感じられる。

静かな内抱的な趣は、いかにも利休茶碗の名に相応しいものと言える。

 

長次郎利休七種の内。

Comments : 0
About the Author

Leave a Reply

*

captcha *